ホームOEMのご案内 > メッキ加工のご案内




メッキ加工のご案内
 

 
当オンラインショップでは、真鍮・シルバー製品の多くを生地(メッキなし)の状態で掲載しておりますが、メッキ加工付での納品も承っております。
 
ロジウムメッキ、金メッキ、ニッケルメッキなどのほか、ガンメタや古美、マットメッキ等も可能です。


メッキ加工ロット表



メッキ加工について ※必ずご一読ください




・メッキ代は商品により異なります。お見積りをご希望の場合は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

・単位にご注意ください。ピアス・イヤリングはペア単位、チェーンはm単位となります。

・サンプル注文・色見本の発送・お客様からパーツをお預かりしてのメッキ加工(当店から販売した商品を含む)は承っておりません。

・メッキ・組立加工などの特注品のお支払方法は代金引換もしくは銀行振込のみとなります。

特にご指定がない場合は、下地にニッケルメッキを施します。ニッケルフリーをご希望の場合は、お問い合わせとご注文の際にご明記ください。

・生産ロットにより、同じ色でも多少の差異が生じる可能性がございます。わずかな差は良品の範囲内とさせていただきますのでご了承ください。また、明らかな不良品の場合を除き、加工後の返品・交換はご容赦下さい。イメージと違った・注文内容を間違ってしまった 等の理由での返品はお受けいたしかねますのでご了承ください。

・素材の性質上、チタン製品にはメッキ加工ができません。 (ポスト部分がチタン製、皿部分が真鍮素材のピアスポストの場合、皿部分のみメッキ加工可能です)

・各種メッキの説明はこちら⇒ 【めっきについて】




金メッキ




金メッキのお色味は下記画像の10色からお選びいただけます。
 

※色見本の画像は、ご覧になる環境により実際のお色味と相違する場合がございます。あくまでも目安としてお考え下さい。   

◆金メッキについて

・基本的に、サイト掲載品の金メッキ付き商品(商品名末尾にGPと記載されているもの)はGP-1のお色です。
 特にお色味のご指定なく「金メッキ加工」をご注文頂いた場合、GP-1にて手配いたします。
 特にお色味のご指定なく「ニッケルフリー金メッキ加工」をご注文頂いた場合、GP-5にて手配いたします。(表記NFGP-5)

・GP-2~GP-4の3色は金メッキ液にニッケルを含むため、ニッケルフリー金メッキをご希望の場合はGP-1、GP-5〜GP-10をお選びください。
ただし、GP-1、GP-5~GP-10をお選びいただいた場合でも、ニッケルフリーご希望の記載がない場合、メッキの下地にニッケルを使用します。
ニッケルフリーをご希望の場合は、「ニッケルフリーのGP-5」などとご指定ください。


・10色の金メッキは色味によりメッキ厚や品質が異なるものではございません。また、GP-9以外は同価格となります。GP-9(ピンクゴールド)は割金の性質上変色しやすく、メッキ後に変色延引加工を施すため他のお色味の金メッキより加工賃が高くなります。

Q:金メッキの純度は?18金メッキはできますか?
A:通常、金メッキでは23金・22金程度のシアン金を使用しますが、そのままの純度で金属表面にメッキされるわけではございません。また同じメッキをつけても品物の部位により完全に均一ではありませんので、金メッキ層そのものの純度を数値として明確にお応えできるものではございません。
俗に18金メッキ、24金メッキ等の表現がありますが、正確な呼称とはいえませんので弊社では使用しておりません。



お問い合わせフォーム
 

ニッケル・ロジウム・代用ロジウム・シルバー・ニッケルブラックメッキ







※色見本の画像は、ご覧になる環境により実際のお色味と相違する場合がございます。あくまでも目安としてお考え下さい。
   
アクセサリー用の銀色系メッキとしてはRP(ロジウムメッキ)が最も一般的です。

各種メッキの説明はこちら⇒ 【めっきについて】

◆SP(シルバーメッキ)について
シルバーメッキは銀をメッキとしてつけるため、銀そのものの性質により【変色の早いデメリットの多いメッキ】であり、あまりお勧めしておりません。シルバーメッキの上から変色を多少遅らせるための「KC加工」を施しますが、変色を完全に防止するものではございません。




金古美・銀古美・銅古美






※色見本の画像は、ご覧になる環境により実際のお色味と相違する場合がございます。あくまでも目安としてお考え下さい。

◆古美各種について
古美加工はロットによるお色味の差がでやすい性質がございます。
また、古美加工をご希望の場合は原則としてお色見本になるパーツまたはチェーンの実物をお預かりいたします。

・基本的にはお色見本の色に可能な限り近づけるよう加工致しますが、完全に同じように仕上がるわけではありません。また、ご希望のお色味によっては弊社ではお引き受けできかねる可能性がございます。

・全長の長いピン類は、古美加工の工程中に変形する可能性が高いためお引き受けできかねます。





お問い合わせフォーム