1, 素材について

 素材index:
 プラチナ  ステンレス チタン 真鍮  ゴールドフィルド スワロフスキー


金(Gold) <元素記号:Au>

金の純度は24分率で表されます。純金を24カラット(宝石の重さを表すカラットとは異なります*1)または単にK24(24金)として、金の含有率が下がるに従って数字が減っていきます。
金は軟らかいため変形しやすく傷もつきやすい金属です。固有の色合いを保ち、加工性を出すため装飾品用材料としては他の金属との合金が用いられます。
K18 (18金) <金の含有量が75%>
K14 (14金) <金の含有量が58.33%>
K10 (10金) <金の含有量が41.66%>


割金として入れる銀、銅などの割合を変えることによりイエロー、ピンク、ホワイトの色味をだすことができます。
【イエローゴールド】
一般的なK18(18金)のことですが、銀の割合を増やし黄色味を強めた「青割」別名グリーンゴールドを指す場合もあります。
【ピンクゴールド】
銅の割合を増やし、赤味を強めたもので「赤割」です。ローズゴールド、レッドゴールドなどの別名があります。
【ホワイトゴールド】
銀や銅の他にパラジウムを入れます。ただしホワイトゴールドはそのままだと金色と白色の中間色のような色合い(淡い金色)なので、ホワイトゴールド製品の多くはロジウムめっきが施されています。

ページトップに戻る



プラチナ(Platinum)  [白金] <元素記号:Pt>

プラチナの純度は千分率で表されます。表記としては元素記号「Pt」の後ろに純度を千分率で表した数字を追加する形になり、例えばPt850は850‰の純度のプラチナを示します。
ISO*2及び、JJA*3基準で品位Pt850以上のものを「プラチナジュエリー」といい、Pt850未満のものは「プラチナジュエリー」と称することができません。

白金の表記は”白い金”と解釈されたり、またそのまま英字に変換すると”ホワイトゴールド”になることから白金=ホワイトゴールドとされることがありますが、これは誤りです。ホワイトゴールドとは金をベースとした合金で、プラチナとは全く異なる素材です。
 

ページトップに戻る



銀(Silver) <元素記号:Ag>

1000分の925(銀の含有量が92.5%、銅が7.5%)の銀合金がスターリング(sterling silver)と言われ、キャストの銀製品に最も多く使用されている品位です。銅以外の割金を加える場合はsterlingとは表示せず、Ag925を用います。

特性上、変色は避けられれません。銀の変色の多くは硫化であり、まれに塩化反応のような強固な変色をすることがあります。ポリエチレンにはガスバリヤー性(各種ガス、気体の透過性を防ぐ性質)はないため、一般的なビニール袋に入れていても外の硫化水素ガスや亜硫酸ガス、塩素ガスや酸化窒素などの気体を通してしまい、変色を防ぐことはできません。
「銀は変色するもの」という認識を持って日頃からお手入れをしましょう。
 

ページトップに戻る



ステンレス(stainless steel) [ステンレススチール]

ステンレスとは鉄に耐食性を向上させるためクロムを含ませた合金鋼です。ステンレス鋼は含有するクロム(Cr)が空気中で酸素と結合し、表面に不動態皮膜を形成しており、さびにくくなります。このためさびを防ぐめっきや塗装をしなくても済むために色々な分野で使用されています。
 

ページトップに戻る



チタン(Titanium)  [チタニウム]<元素記号:Ti>

プラチナと同程度の耐食性を持ち、また金属アレルギーの原因になりにくいため人工骨、人工歯根、人工関節としても使われている身体にやさしい金属です。
なお素材の特性上、電気メッキを施すことはできません。
 

ページトップに戻る



真鍮《黄銅》

一般的に真鍮とは黄銅の俗称です。黄銅は銅、亜鉛の二元合金で更に鉛、スズ、アルミニウム、マンガン、鉄などを微量添加して材質を改善し用途に合わせています。配合率によって様々な種類があります。

<注意>昨今、真鍮製品を生地(メッキなし)のままお使いになる方が増えておりますが、真鍮は錆びる金属で緑青を発生させる場合があります。衣服を汚してしまうこともありますので、当社では真鍮製品の生地でのご使用は推奨しておらずめっき加工を施すことを前提として捉えております。
 

【黄銅(おうどう、brass)】
黄銅とブラスは同意。銅亜鉛の比率が、9:1をレッドブラス、7:3をイエローブラス、65:35をゴールドブラスという場合がありますが正確な定義はありません。
適度な強度、展延性を持つ扱いやすい合金です。
 
【丹銅(たんどう、rich low brass、red blass、tombac)】
亜鉛が4〜22%の銅合金。トンバック、たんあかとも言います。圧延、曲げ、絞りなど塑性加工性が良く、美しい光沢があり、装身具特に七宝用胎、建築物、楽器などに用いられます。亜鉛5%程度で銅赤色、10%で黄色味を帯びた赤色、20%で淡紅色を呈します。

【洋白(German silver / nickel silver)】

ニッケルと亜鉛が含まれる銅合金です。その色調から洋銀とも呼ばれます。
銀白色を呈し、耐疲労性、耐食性に優れ、銀に似た色調や加工性のよさから銀の代用品として装身具、眼鏡、洋食器に使用されます。
 

ページトップに戻る



ゴールドフィルド (Gold-filled) [金張り]

金張りとは、銀や銅または他の素材に金を張りつけた素材の事です。当社のGF品の下地素材は黄銅を使用しています。真鍮製品に金メッキをしたものはいくら厚い金メッキをしても"金張り"とは称せません。

アメリカでGF(ゴールドフィルド)と呼ばれ基準に定められているものは「商品全体重量の1/20以上の金(K14・K10等)が張られているもの」です。つまり張られている金(K14・K10等)が商品全体重量の1/20以上でないとGFとは呼べません。張られている金が18金だった場合は"18K GF"や"K18GF"、14金だった場合は"14K GF"や"K14 GF"と呼びます。当社では"1/20 K14GF"と表記し、今後もアメリカの基準に基づいて金張り商品を取り扱っていきます。
 

ページトップに戻る



スワロフスキー(Swarovski)

"スワロフスキー"はオーストリアに本社を置く企業です。スワロフスキーのクリスタルガラスは通常のクリスタルガラスに比べ、酸化鉛が多く含まれ透明度が高く、さらに正確なカットが施されているため、光の屈折により虹色に輝きます。
多種多様なカラーと表面加工により無数のバリエーションが展開されています。

ページトップに戻る



*1 金合金の品位を表すとき金の含有量をカラット(K)で表すのが一般的です。
これは金の取引質量単位である1トロイオンス(31.1035g)を24カラットと定め、純金をK24としているからです。
金合金を作る際は1トロイオンスを基準とし、18カラットの質量の金と6カラットの質量の他の元素を加えて全体の質量を24カラットとし、できた合金が18カラットと呼ばれているものです。
*宝石の質量単位はカラット(crat:ct、キャラ)であり、1ct=0.2gです。

*2 International Orgnization for Standardization 国際標準化機構

*3 Japan Jewellery Association 日本ジュエリー協会

参考文献:日本ジュエリー協会発行 ジュエリー用語辞典 など






2, めっきについて


めっき(鍍金)とは、金属製品の耐腐食性や表面硬度、耐摩耗性および美観を向上させるため、別の金属の薄膜で表面を被覆する加工です。
加工法・材料ともに様々な種類があります。方法としては通常、電気めっき(electroplating)が多く用いられています。


◆電気めっきとは

めっきに用いる金属を溶液中でイオン化し、メッキをつけたい製品を陰極(−)側に浸して陽極(+)から直流電流を流すと、溶液中のイオン化金属が製品表面に析出し、金属皮膜となることを利用した表面加工です。湿式めっきとも呼ばれます。
電流の強さや浸漬時間により、めっき厚などを調整することができます。

【金めっき】

金、または金合金のめっきで、メッキ液の化合物により色調を調整することができます。弊社で行っている金めっきは、金を使用する装飾用めっきです。

【ロジウムメッキ】

ロジウムを使用した銀色系のめっきで、銀製品や貴金属のホワイトゴールド製品にもよく施されています。表面硬度が高く、耐摩耗性や耐食性に優れます。

【ニッケルメッキ】

光沢、密着性、硬度などの点で優れるため、単独で使われるほか、様々なめっきの下地としても利用されます。しかしニッケルは金属アレルギーの主要な原因の一つと考えられているため、アクセサリー用としては昨今、下地にニッケルを使用しないめっき(ニッケルフリーめっき)の需要が拡大傾向にあります。

【古美めっき】

アンティークめっきなどと呼ばれることもあります。色味により真鍮古美(金古美)、銀古美、銅古美などがあります。
製品の表面を一度硫化させて黒くし、バレルやバフ加工の摩擦により部分的に黒色を取り除くことで、アンティーク調の濃淡をつけています。

【シルバーめっき】

銀を使っためっきです。銀自体が変色(硫化、酸化、塩化)しやすい金属のため、銀めっきも変色が早い点がデメリットです。そのためアクセサリー用の銀色系めっきとしてはロジウムメッキが一般的です。


参考文献:日本ジュエリー協会発行 ジュエリー用語辞典 など

ページトップに戻る

はじめてご利用の方

当サイトは企業間取引(卸売)専門です。
ご利用には無料の会員登録が必須です。

  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド
  • よくある質問


  • 新商品情報 真鍮 シルバー K14GF(ゴールドフィルド) チタン ステンレス K18(18金) K10YG(10金) プラチナ
  • 特注加工のご案内 メッキ加工、組み立て加工承ります
  • 実店舗のご案内 浅草橋 表参道 名古屋
  • 再入荷商品
  • 素材別カタログ一覧 真鍮チェーン 真鍮パーツ シルバーパーツ&チェーン 貴金属(K18、K10、プラチナ他)パーツ&チェーン、ネックレス
  • メールマガジンのご登録はこちら
  • 特集ページ一覧 パーツの組み立て方、鎖の製造工程のご紹介ほか
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
休業日
◆個人情報をSSLで暗号化し
  保護しておりますので、
  安心してご利用頂けます。