ホーム > 特集ページ一覧 > 巻き編みの種類と方法


巻き編みの種類と方法

穴の開いたビーズやパーツを他のパーツやチェーンにつなぐ方法として、ワイヤーやピン類を使った巻き編みがよく用いられます。
様々な方法がありますが、ここでは代表的なやり方を図解します。




【Aリンク】
9ピン・Tピン・丸ピンに適します。
使用するパーツ通したとき、6〜7mm程度飛び出す長さのピンを使用するか、長めのものを切断して使用してください。




【Iリンク(片側シャンク編み)】
パーツと輪に間に隙間を作り、ピンの先を2〜3周巻きつけて隙間を埋めます。





【Eリンク】
線材を使用し、貫通穴パーツの両側に輪を作る方法です。




【DEリンク(ダブルEリンク)】




【Fリンク(シャンク編み)】





【Gリンク】
線材を用いて横穴パーツを他のパーツとつなぐ方法です。





【Hリンク】




はじめてご利用の方

当サイトは企業間取引(卸売)専門です。
ご利用には無料の会員登録が必須です。

  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド
  • よくある質問


  • 新商品情報 真鍮 シルバー K14GF(ゴールドフィルド) チタン ステンレス K18(18金) K10YG(10金) プラチナ
  • 特注加工のご案内 メッキ加工、組み立て加工承ります
  • 実店舗のご案内 浅草橋 表参道 名古屋
  • 再入荷商品
  • 素材別カタログ一覧 真鍮チェーン 真鍮パーツ シルバーパーツ&チェーン 貴金属(K18、K10、プラチナ他)パーツ&チェーン、ネックレス
  • メールマガジンのご登録はこちら
  • 特集ページ一覧 パーツの組み立て方、鎖の製造工程のご紹介ほか
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
休業日
◆個人情報をSSLで暗号化し
  保護しておりますので、
  安心してご利用頂けます。